スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『チョコレートコスモス』 恩田陸/著
2007 / 11 / 12 ( Mon )
演劇もの。演劇は初心者の大学生、飛鳥。幼い頃から空手はやっていたけれど
壁を感じていた。
芝居をやりたい、というよりは「そこに何があるのか知りたい」という理由で
参加した劇団で、類稀なる才能を発揮する…。

演劇初心者なのに天才少女、というのはありがちな設定なのだろうか?
漫画「ガラスの仮面」とか、最近では「下北サンデーズ」とか、思い出すのだが。
だが、ありがちでつまらないという訳ではなく。
面白かった。ちょっと厚めの本だけれど途中からはとまらなくなって一気に読んでしまった。
特に最後のオーディションのくだりはすごい。
舞台上での才能と才能のぶつかりあい、芝居のその奥に見えたもの、の描写は
すごいの一言。
作中書かれている、間合いとか、客観的視線とか、芝居をやる上での観点
には「そうそう」と頷ける部分が多かった。
で、本当に芝居のその奥に、何かがあるのだろうか。
この小説を読んでいると本当になにかがありそうだと思わされてしまうのだけれど。

オーディションで役者が決まり、芝居のタイトルが決まった所で作品は終わっているけれど
できればこの続きが読んでみたい。いったいどんなお芝居になったのか、
そして飛鳥はどんな成長を遂げるのかを。
2006.10.3記




**いま読んでいる本**
真保 裕一/著『灰色の北壁』

スポンサーサイト
23 : 26 : 49 | 読感-恩田陸 | コメント(2) | page top↑
<<『てるてるあした』 加納朋子/著 | ホーム | 『SOKKI! ソッキ -人生には役に立たない特技-』秦建日子/著>>
コメント
----

私も読みました!
マンガみたいな感じで面白くて、一気に読了しました。
確かに続きが読みたくなるね。

恩田陸って当たりはずれがある、というのが
私の正直な感想ですが、この作品は当たりだと思いました。
(ごめん、偉そうで…)

久々に『ガラスの仮面』を読みたくなったよ。
マヤが狼少女?やヘレンケラーを演じたエピソードが
断片的に記憶に残っているだけで、今頃どこまで
話が進んだのか…。

by: りっちー * 2007/11/18 19:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

>りっちー
コメントありがとう!
ブログに変えてから最初のコメントだよ(感謝)!
マンガみたいな感じ、確かにそうかも。
読むと『ガラスの仮面』を思い出すよねぇ。
ちなみにガラカメは「紅天女」の試演対決の稽古中、という所で止まっています。
はやく続き出ないかな~。
by: まさみ * 2007/11/20 01:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。