スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『RDG レッドデータガール』 荻原規子/著
2009 / 10 / 05 ( Mon )
久しぶりの荻原さんの新刊!
角川書店から出たファンタジーの新レーベル「カドカワ銀のさじシリーズ」スタートの2冊のうちの1冊。
(ちなみにもう1冊は『バッテリー』でおなじみあさのあつこさんの新作、
 「ヴィヴァーチェ 紅色のエイ」。)
これはもう期待して読んでしまいました。
舞台は現代日本、主人公は中学生の女の子。
熊野の山の上の神社で育ち、学校と神社の往復以外していないような、世間から離れた
生活をしていた女の子が、中学3年生になり進路を考えるにあたって、今まで当たり前だと
思っていたその生活に疑問を持ち始める。
そして、彼女はある特別な存在の家系らしいことがわかってくる。
…。
物語としては勾玉シリーズに近い感じで、それを現代を舞台に展開しようというのが面白い。
本書ではやっと、主人公が自分に目覚め、自らの人生を自分で歩みだそうとする、という
始まりの部分が描かれたのみ。どこにも明記されていないけれど、きっと続編が出ることでしょう。
出ないと暴れるよ!(笑)
彼女の力とは何なのか、姫神とは何なのか、山伏とは何なのか、
超引っ込み思案な主人公・和泉子(いずみこ)は今後どう成長していくのか、
サポート的役割にいる男の子・深行(みゆき)との関係はどうなっていくのか、
色々と楽しみ。はやく続きが読みたいです!

余談ですが、タイトル、どうでしょうか。
読んだ後に見れば、確かにレッドデータガールの話でもあり
はじめてのお使いの話でもあるのですが、
「はじめてのお使い」って、ちょっと先入観をもたれそうというか、
何も知らず本を手に取った人に伝わりにくいタイトルかなぁという気がしないでもないのですが…。
見返しにあるあらすじも、ネタバレしないように書くとああなるのかもしれないのだけれど
どうも人を惹きつけないというか…。
まだ物語のはじめの巻なので致し方ないと言えばそれまでですが、
この辺もうちょっと工夫があってもよかったのでは、と思わないでもなかったです。

酒井駒子さん絵の表紙は雰囲気は合っていてよいのですが、
これを見てもやっぱり何の話だかはよくわかりませんね。
カタカナタイトルといい、とりあえず、現代の若者に手にとって欲しい、という感じでしょうか…。

2008.11.26記す


スポンサーサイト
23 : 55 : 00 | 読感-荻原規子 | コメント(0) | page top↑
<<『ぶたぶた』 山崎存美/著 | ホーム | 久しぶりにもほどがある…。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。