スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『風に舞いあがるビニールシート』 森絵都/著
2009 / 10 / 19 ( Mon )
直木賞? 芥川賞? (後日追記:直木賞受賞作品でした。)
森絵都さんは児童書のイメージが強くて
私が『DIVE!!』しか読んだことがなかったこともあって
(これ、面白いよ~。)
雰囲気の違いにまずびっくりしてしまった。
まぁ、『風に~』は児童書ではないので雰囲気が違うのは当たり前なのだけど。
児童書も面白くて、一般書もちゃんと書けるというのはかなり羨ましい。

本書は短編6編を収録。どれも、うまいなぁと思う。
やりきれない気持ちの描写などが。
標題作はほろりときました。
タイトル、ユニークですよね。
でも、読んでみると、ああ、そうね、と思います。
もっとはやく読んでおくんだったと思いましたよ(笑)。
森さんの一般(大人向け)小説、もっと読んでみようと思います。

2006年9月9日記す


スポンサーサイト
23 : 55 : 00 | 読感-森絵都 | コメント(2) | page top↑
『ぶたぶた』 山崎存美/著
2009 / 10 / 12 ( Mon )
ずーっと前、オフ会の時に紹介してもらった作品。やっと読めました♪
ぶたのぬいぐるみ(ちゃんと「山崎ぶたぶた」という名前もあるんです(笑))、
ぶたぶたがいろんな職業で登場します。
ぬいぐるみが動いてしゃべって、いい味を出している。
あ、ちなみにぶたぶたは中年のおじさんらしいです。
でも外見はふわふわのぬいぐるみでかわいいの。
ぬいぐるみが出てくるからといっておとぎ話なわけではなく、
ぶたぶたがぬいぐるみであるということ以外は現実的なお話。
短編の各主人公たちがそれぞれに悩んでいることが
ぶたぶたの出現で精神的に救われて解決していく、という感じ。
装丁がかわいらしいので若い女性にしか手に取られないかもしれないけれど
若い女性でなくても楽しめると思うなー。
山崎存美さんの作品は初めて読んだので、他の作品も読んでみようと思います。
巻末著者紹介によると、「矢崎麗夜」のペンネームでも著作があるらしいです。

2004年4月23日読了。



23 : 55 : 00 | 読感-山崎存美 | コメント(0) | page top↑
『RDG レッドデータガール』 荻原規子/著
2009 / 10 / 05 ( Mon )
久しぶりの荻原さんの新刊!
角川書店から出たファンタジーの新レーベル「カドカワ銀のさじシリーズ」スタートの2冊のうちの1冊。
(ちなみにもう1冊は『バッテリー』でおなじみあさのあつこさんの新作、
 「ヴィヴァーチェ 紅色のエイ」。)
これはもう期待して読んでしまいました。
舞台は現代日本、主人公は中学生の女の子。
熊野の山の上の神社で育ち、学校と神社の往復以外していないような、世間から離れた
生活をしていた女の子が、中学3年生になり進路を考えるにあたって、今まで当たり前だと
思っていたその生活に疑問を持ち始める。
そして、彼女はある特別な存在の家系らしいことがわかってくる。
…。
物語としては勾玉シリーズに近い感じで、それを現代を舞台に展開しようというのが面白い。
本書ではやっと、主人公が自分に目覚め、自らの人生を自分で歩みだそうとする、という
始まりの部分が描かれたのみ。どこにも明記されていないけれど、きっと続編が出ることでしょう。
出ないと暴れるよ!(笑)
彼女の力とは何なのか、姫神とは何なのか、山伏とは何なのか、
超引っ込み思案な主人公・和泉子(いずみこ)は今後どう成長していくのか、
サポート的役割にいる男の子・深行(みゆき)との関係はどうなっていくのか、
色々と楽しみ。はやく続きが読みたいです!

余談ですが、タイトル、どうでしょうか。
読んだ後に見れば、確かにレッドデータガールの話でもあり
はじめてのお使いの話でもあるのですが、
「はじめてのお使い」って、ちょっと先入観をもたれそうというか、
何も知らず本を手に取った人に伝わりにくいタイトルかなぁという気がしないでもないのですが…。
見返しにあるあらすじも、ネタバレしないように書くとああなるのかもしれないのだけれど
どうも人を惹きつけないというか…。
まだ物語のはじめの巻なので致し方ないと言えばそれまでですが、
この辺もうちょっと工夫があってもよかったのでは、と思わないでもなかったです。

酒井駒子さん絵の表紙は雰囲気は合っていてよいのですが、
これを見てもやっぱり何の話だかはよくわかりませんね。
カタカナタイトルといい、とりあえず、現代の若者に手にとって欲しい、という感じでしょうか…。

2008.11.26記す


23 : 55 : 00 | 読感-荻原規子 | コメント(0) | page top↑
久しぶりにもほどがある…。
2009 / 10 / 05 ( Mon )
前回の記事は1月だったのですね、しかも去年の(苦笑)。
もう更新されないものとみなされているんじゃないかという
気がしなくもないですが、細々と続けますのでご安心を(?)。

去年の1月以降、何をしていたかというと、
去年の4月1日付けで異動(転勤)しました。以前いた所に戻っただけですが。
で、その異動に伴って、引越しをしました。
で、11月に結婚しました。
それなりにちゃんとした(?)結婚式を挙げ…られたのはよかったのですが
結婚式って準備が大変なんですねぇ…。噂には聞いていましたが…。
仕事も忙しくて、去年は人生最大級に忙しい年でした。
そんなこんなでブログを更新するどころではなかったのですが
1年近くたって大分落ち着いてきたので戻ってきました。
ただいま(笑)。
ほんとに少~しずつですが、読後感想メモをとってあったりしますので
ぼちぼちそれをアップしていこうかな。
しばらくは更新日と、感想の文章を書いた日が一致しない記事が続く予定ですが
上記のような事情ですのでご了承を。

これからも素敵な本に出逢えますように。
そして、(どれくらいいるかわからないけれど)このブログを見た人が
お気に入りの1冊を見つけられますように。


そういえば、
続きを読む
18 : 34 : 23 | ゆるゆると明日風 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。