スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『生まれる森』 島本理生/著
2008 / 01 / 07 ( Mon )
今度あの人に触れたら、きっとわたしは死んでしまう…。
初めて知った恋の深い痛みとゆるやかな新生を描く20歳の恋愛小説。(作品紹介より)


島本理生さんの本は『ナラタージュ』(角川書店 2005.2)だけ読んだことがあった。
本書の方が先に出版された本。
恋愛小説と言えば言えるけれど、心に傷を抱えた人たちが
少しずつ癒えていく…、一歩を踏み出せるようになっていく様子を描いた作品。
『ナラタージュ』も似たような雰囲気の作品だったので、こういうのが島本さんの
作風なのかな? まだ2冊しか読んでないので、他の作品も読んでみようと思います。

何となく好き嫌いが分かれるような気もするけれど、
恋愛小説って、派手に物語が展開するのもアリだけれど
こういう、ぼんやりと何でもない日常の中の変化というタイプも
アリかもなぁと思ったりしました。
心の在りようとか、こういうタイプの方が現代的と言えるかもしれません。


続きを読む
スポンサーサイト
23 : 57 : 40 | 読感-島本理生 | コメント(0) | page top↑
謹賀新年。
2008 / 01 / 02 ( Wed )
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

バタバタしているうちに12月が終わっていました…。
年越しは実家で過ごしましたが、実家にいる間に本を1晩で3冊読んじゃいました。
と言っても、うち2冊はラノベですが。読むのが遅い私でもやればできるってことで(違)。
このブログも今年は去年よりたくさん更新したいなぁ(希望的目標)。
よく読書サイトさんで、今年読んだ本の中での私的ベストテンみたいな記事があるじゃないですか。
ベストを選ぶってことはその何倍かは読んでないとね、ってことで、
年末に今年のベストは~なんて記事が書けるくらい
本を読み・感想を書く1年にできるといいなぁと思っています(希望的目標)。

みなさんにとってよい1年になりますように。
そして、素敵な1冊に出会える年になりますように。
続きを読む
00 : 47 : 35 | ゆるゆると明日風 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。