スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
『有頂天家族』 森見登美彦/著
2007 / 10 / 20 ( Sat )
山本周五郎賞受賞後第1作。
帯の宣伝文句は




かくも毛深き家族愛!!

偉大なる父、優しい母、
かけがえのない兄と弟。
こんなファミリーが
まだ日本にあった。
---でも、これ、全部「狸」の話。




読了後、あまりにもこの「かくも毛深き家族愛!!」ってコピーが
ツボに入ってしまい、肝心の書名の方を思い出せないこと数度(笑)。
狸の家族と、天狗と、天狗の弟子。これが主な登場人物。
京都を舞台にした狸と天狗の話、って言うと何だか
昔話ですかって感じになってしまうので作品紹介が難しいのだけど。
登場人物たちが、それぞれの事情の下に葛藤したり争ったり
しているお話、ですね、簡単に言うと。(まとめすぎ?)
んでもって、狸の家族愛、と。
森見さんの『夜は短し、歩けよ乙女』を読んだ時にも思ったが、
とにかく読んでいて、文章が気持ちがいい。
冗談のような洒落のような、独特の雰囲気と言い回しで
するするっと文章が進んでいく感じは、まさに森見ワールド。
ぽてぽてと歩いていた、とか、
井の中の蛙(比喩でなく)とか、
毛玉(狸のこと)とか、
読んでいてツボにハマる表現がいっぱい。
わざと古めかしい表現を使う部分と
妙に軽い表現を使う部分とが混在していて、
そのバランスの妙というのかな。
そして、京都の実在の街を舞台にしつつも、
いつの間にか不思議な生き物たちの話が展開していて、
ファンタジーと言えなくもないけれど、どうも
日常から半歩くらいファンタジー側に踏み出して
でも比重はまだ日常の方にある、という感じの、
これもまたバランスの妙かな。
まぁいいからちょっと読んでみな、って感じですね。
ところで、狸鍋ってウマイんでしょうかね…?

ちなみに、「王様のブランチ」の本のコーナーで筑摩書房の松田さんが
この本を取り上げて、次の本屋大賞の大本命では、とコメントしてました。
まだ続編が書かれる予定らしいので、楽しみです。


続きを読む
スポンサーサイト
23 : 11 : 57 | 読感-森見登美彦 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。